ホーム > インフォメーション > 歌劇『ファルスタッフ』の物語 | 10月定期演奏会

インフォメーション



「ファルスタッフと小姓の絵」
(Adolf Schrödter画、1867年)


舞台は英国ヘンリー四世の御代、ウィンザーのとある街。
主人公の老騎士サー・ジョン・ファルスタッフは
若い時から強欲で女が好きで大酒飲み、
彼の行く場所には騒動が絶えません。

ある日、ファルスタッフは酒を飲みながら考えます。
「二人のご婦人に同じ内容のラブレターを送って、
恋の冒険を楽しんだ末にその財産を頂戴してやろう」 ・・・

ファルスタッフのあきれた野心を手伝う羽目になった従者たちと
偽の恋文を受け取った二人の婦人とその友人たちが巻き起こすひと騒動。
最後には皆大笑いで大団円を迎えます。

皆からこてんぱんに貶されても自信たっぷりのファルスタッフと、
全員で「最後に笑う者が本当に笑う」と高らかに歌い上げるラストシーンは
私たちに豊かな人生とは何かを教えてくれるようです。



10月定期演奏会 オペラ演奏会形式『ファルスタッフ』

チケットを購入
10月20日[木]19:00開演
サントリーホール
チケットを購入
10月21日[金]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール
チケットを購入
10月23日[日]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:チョン・ミョンフン
(東京フィル 名誉音楽監督)
ファルスタッフ(バリトン):セバスティアン・カターナ
フォード(バリトン):須藤慎吾
フェントン(テノール):小堀勇介
カイウス(テノール):清水徹太郎
バルドルフォ(テノール):大槻孝志
ピストーラ(バス):加藤宏隆
アリーチェ(ソプラノ):砂川涼子
ナンネッタ(ソプラノ):三宅理恵
クイックリー(メゾ・ソプラノ):中島郁子
メグ(メゾ・ソプラノ):向野由美子
合唱:新国立劇場合唱団


ヴェルディ/歌劇『ファルスタッフ』(演奏会形式)
公演時間:約2時間30分(休憩を含む)
原作: ウィリアム・シェイクスピア 『ウィンザーの陽気な女房たち』
台本: アッリーゴ・ボーイト


特設ページはこちら



主催:公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団
共催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団(10/21公演)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)| 独立行政法人日本芸術文化振興会
   公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション(10/20公演)
   公益財団法人 花王 芸術・科学財団(10/20公演)
協力:Bunkamura(10/23公演)

公演カレンダー

東京フィルWEBチケットサービス

お電話でのチケットお申し込みは「03-5353-9522」営業時間:10:00~18:00 定休日:土・日・祝