1月定期演奏会

チケットを購入
1月26日[木]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール
チケットを購入
1月27日[金]19:00開演
サントリーホール
チケットを購入
1月29日[日]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:チョン・ミョンフン
(東京フィル 名誉音楽監督)


特設ページはこちら


シューベルト/交響曲第7番『未完成』
ブルックナー/交響曲第7番(ノヴァーク版)



【聴きどころ】1月のシーズンオープニングは名誉音楽監督のマエストロ・チョンシューベルトの『未完成』(第7番)ブルックナーの「第7番」と、ともにウィーンで生涯を終えたロマン派初期と後期の作曲家2人を代表する交響曲を並べた。東京フィルとはベートーヴェン、ブラームスの交響曲全曲を演奏、マーラーも頻繁にとり上げるなど、マエストロ チョンのドイツ=オーストリア音楽への傾倒には、並々ならないものがある。ドイツ語圏のオーケストラとの共演歴も長い。どこまでも正攻法のアプローチから円熟の味わいが立ち上り、「もっともっと深いところから、音をほりおこして!」と鼓舞し続けてきた東京フィルから、魂を揺さぶる響きを引き出すに違いない。(文:池田卓夫)




2月定期演奏会

チケットを購入
2月22日[水]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール
チケットを購入
2月24日[金]19:00開演
サントリーホール
チケットを購入
2月26日[日]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:ミハイル・プレトニョフ
(東京フィル 特別客演指揮者)
ピアノ:イム・ユンチャン*
(2022年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝)


特設ページはこちら


ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番『皇帝』*
チャイコフスキー/マンフレッド交響曲


【聴きどころ】2月は特別客演指揮者プレトニョフ。久しぶりにドイツ音楽の王道、ベートーヴェンと向き合う。「ピアノ協奏曲第5番『皇帝』」はかつて自身のソロでも録音した作品。指揮者とピアニスト、2つの視点から立体的に音楽を構築するはずだ。ピアニストは2022年、米テキサス州の第16回ヴァン・クライバーン国際コンクールに優勝した18歳(当時)の韓国人、イム・ユンチャン。プロフェッショナルの風格をすでに十分、身につけている。後半には得意のロシア音楽、チャイコフスキーの「マンフレッド交響曲」を選んだ。演奏機会は稀ながら、ドラマの起伏に満ちたスペクタクルな作品。プレトニョフ十八番の1つである。(文:池田卓夫)




3月定期演奏会

チケットを購入
3月9日[木]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール
チケットを購入
3月10日[金]19:00開演
サントリーホール
チケットを購入
3月12日[日]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:アンドレア・バッティストーニ
(東京フィル 首席指揮者)

特設ページはこちら


ベルリオーズ/序曲『ローマの謝肉祭』
カゼッラ/狂詩曲『イタリア』(カゼッラ生誕140年)
サン=サーンス/交響曲第3番『オルガン付き』


【聴きどころ】3月は首席指揮者バッティストーニ。ベルリオーズの「序曲『ローマの謝肉祭』」(1844)、サン=サーンスの「交響曲第3番『オルガン付』」(1886)と約40年を隔てた19世紀フランス音楽2曲の間に20世紀のアルフレード・カゼッラ(1883-1947)の「狂詩曲『イタリア』」(1909)を置く。2023年が生誕140年に当たるカゼッラはイタリアでは珍しく、オペラよりも交響曲、管弦楽曲、ピアノ曲などに力を注いだ作曲家。2021年に日本初演した自作の「フルート協奏曲『快楽の園』」が象徴したように、バッティストーニは音楽の色彩感、絵画性に強い関心を持ち、3曲を鮮やかに描き分けるだろう。(文:池田卓夫)




5月定期演奏会

チケットを購入
5月10日[水]19:00開演
サントリーホール
チケットを購入
5月12日[金]19:00開演
東京オペラシティ コンサートホール
チケットを購入
5月14日[日]15:00開演
Bunkamura オーチャードホール

指揮:ミハイル・プレトニョフ
(東京フィル 特別客演指揮者)


ラフマニノフ/幻想曲『岩』
ラフマニノフ/交響詩『死の島』
ラフマニノフ/交響的舞曲
(ラフマニノフ生誕150年)


【聴きどころ】5月はプレトニョフ。ロシアのピアニスト&指揮者としての大先輩、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)の生誕150周年&没後80周年の二重アニヴァーサリーに因み、管弦楽曲ばかり3曲の特集を組んだ。興味深いのはそれぞれの作品番号と初演年。「幻想曲『岩』」作品7は1895年、アルノルト・ベックリンの同名絵画に想を得た「交響詩『死の島』」作品29は1909年、アメリカ亡命後の「交響的舞曲」作品45は1941年。19世紀末から20世紀半ばまでの長期にわたるラフマニノフの作風の変化をピアノ音楽抜きで検証する画期的、ある意味学究的でもあるプログラミングといえる。(文:池田卓夫)




◆チケット料金

  SS S A B C
通常料金 ¥15,000 ¥10,000 ¥8,500 ¥7,000 ¥5,500
東京フィルフレンズ料金
WEB優先販売期間
(10%off ※SS席を除く)
- ¥9,000 ¥7,650 ¥6,300 ¥4,950

◆1回券 チケット発売日

最優先発売日

12月10日(土)10:00

優先発売日

12月17日(土)10:00

一般発売日

12月23日(金)10:00

WEB優先発売期間 / 期間中はどなたさまも定価の1割引き!

12月17日(土)10:00 ~ 12月22日(木)23:59

※東京フィルチケットサービスはチケット発売初日の土日祝のみ10時~16時営業

※2023シーズン定期会員券の販売期間
 ・東京オペラシティ定期シリーズ 2023年1月25日(水)18:00まで
 ・サントリー定期シリーズ 1月26日(木)18:00まで
 ・オーチャード定期演奏会 1月27日(金)18:00まで


発売日の分類について
最優先 | 賛助会員、定期会員の皆様を対象とした発売日です。お電話にて承ります。
優先 | 東京フィルフレンズ会員の皆様を対象とした発売日です。お電話にて承ります。
WEB優先 | 東京フィルWEBチケットサービスにて期間中どなたさまも定価の1割引きでご購入いただけます。
一般 | 一般の皆様を対象とした発売日です。

◆チケット購入方法

東京フィルチケットサービス(電話受付:平日10時~18時/土日祝休*)

東京フィルチケットサービスの電話受付では、お客様のご要望に沿った詳細な座席のご紹介をさせていただきます。東京フィルフレンズ会員の方は、東京フィルチケットサービスでの電話受付により10%お安くお求めいただけます。

東京フィルチケットサービス TEL:03-5353-9522 営業時間:10:00~18:00 定休日:土・日・祝

*発売日の土曜日は10:00~16:00まで電話受付いたします。



東京フィルWEBチケットサービス(24時間受付)

※12月17日(土)10:00~
    チケットを購入する